ブログ

広報担当の訪問日記

アイロンと木箱

年季の入ったいぶし色や取っ手が良い味を

出していて、歴史を感じます。

スタッフ戸谷のおばあちゃんのお家に、大切に保管されていた物

です。

pb010099

大正から昭和の初期ぐらいに使われていた、電気アイロン

まだ温度調節もなく、霧吹きなどで水をかけて使っていたんですね

pb010100

 

pb010097

木箱には 『通産省許可工場品』 と刻印がされています。

イナリアイロン……ご存じの方はいますでしょうか?

現在はスチームやコードレスと進化しましたが、貴重なアイロンですね!

事務所に飾ってありますので、ご興味のある方、見に来て下さいね

 

植村